新入社員に贈る言葉 ~Z世代だからこそ生かせる強み~

ワーク

Z世代と言われる彼、彼女達が入社しています。

希望に満ち溢れた表情を見せる一方、自分たちには

  • 特段強みはない
  • スキルや経験が不足している
  • あるのは根拠のない自信!

そんなことを思ったりしていないですか?

私は入社前は特に何も出来ないけど、やってやる!よくわからないけど、出来る部類だ!と 根拠のない自信のみで突き進んでいました。

自分には何が出来るわけではないけど、そもそも生きていた環境や進んできた道を意識出来することによって、自然と根拠の”ある”自信に変わる事がありました。

今サラリーマンとして働いていて、時代が変わっていく変化を感じた時に、若者の力をすごく必要としています。自分が育った時代背景や環境を理解する事は社会人人生でとても大切なことであると思います。

これから社会に出るZ世代の新入社員のみなさまには、圧倒的に有利なことがあります。そんな話を今日はしたいと思います。

デジタルネイティブであること

Z世代の皆さんはこれまで育ってきた環境によりデジタルネイティブであると言われています。

Z世代は、「1990年代後半から2000年生まれの世代」とされているようです。彼らが育った環境は、すでにインターネットが広がっていて、高速で安心な通信環境インフラが整い、スマートフォンがあり、SNSが当たり前のツールである「デジタルネイティブ」な世代であるということのようです。

よく対比されるミレニアル世代はデジタルの発展と共に成長してきていますが、Z世代はデジタルがある程度発展していて、その環境が”当たり前”である世代であると言われています。

kemioから見る「Z世代」の素晴らしさ
つい最近までさとり世代はああだとか、こうだとか言われていた気がします。と思ったら「ミレニアル世代」とよく聞くようになりま...

デジタルネイティブであるということは、圧倒的にこれから働くと言うことに対して有利だと思います。

LINEがいつからあるか知ってますか?

日本でインターネットを活用している人は1億人もいると言われ、1億人の約75%が利用していると言われるSNSですが、代表なものはLINEですよね。

LINEの利用率は80.8%、ICT総研調査
 ICT総研は、「2018年度 SNS利用動向に関する調査」を2018年11月に実施。日本国内のインターネットユーザー4022人へのWebアンケートなどを元にまとめた分析結果を公表した。

今や生活に根付き、連絡手段としても欠かせなくなったLINEですが、いつからあるかご存じですか?サービスが開始されたのは2011年6月です。わずか7年前になります。

7年なんてずいぶん前じゃん!って思うかもしれません。でも社会で何十年も仕事をしている人たちからするとたった7年です。

iPhoneの初代が出たのが12年前
Facebookの日本語版が出たのが、11年前
Instagramもわずか8年前

これだけ直近に出たサービスが僕たちの生活を大きく変えています。LINEのようにわずか7年で僕たち一般の方々の生活に馴染むことにとても驚かされますが、LINEを中学生や高校生から自然と使っていることが、これから会社や社会で活躍する人には必要だと思いますし、とても有利になると思います。

おじさん達には分からない

人間は経験した事しか基本的には分からないと思います。本や人の話などの情報は知識として身につけることは出来ます。しかし自分の経験に勝ることはないと思います。みなさんは自然に有利な経験をしています。

LINEやその他SNSを自然と活用し、生活をする感覚はおじさん達には分かりません。(おじ様方申し訳ございません)その自然に活用する感覚が今企業に必要とされています。

僕たちが生活している中でチャネル(情報伝達経路)が広がっています。昔はTV、新聞、電車内広告、ビル広告などが主流でした。

今はこれにインターネットが広がり、インターネット世界でも同様にチャネルが広がり続けています。企業は自分たちの商品やサービスをより認知し、使用してもらうために、チャネルを意識します。ターゲット(見る人、買う人)がどうゆう心理で商品やサービスを見るかを考えます。

そんな時、チャネルを使ったことが無い人や理解出来ない人達が見ても有効な手立てを打てるケースは少ないと感じます。ここでみなさんの経験が非常に役に立つのです。

おじさん達が分からないことをみなさんは「普通」に分かります。

これがみなさんの最初の価値であり、圧倒的に有利な点だと思います。

まとめ

企業に勤める僕として、Z世代と呼ばれるみなさまと1日でも早く働きたいと思っています。時代が変わる、前例を自分たちで作ることはとてもワクワクします。それを達成するためにはみなさまの力が不可欠だと思います。

おじさんたちが悪い訳では無いです。諸先輩方がやっていることも素晴らしいのです。

それと並行してZ世代の方と一緒に新しい時代を築くことが世の中をよくしていくと僕は思います。感覚や常識の違いを責めるのではなく、違いを認識して、コミュニケーションを取れると、物事は前進します。

デジタルネイティブは圧倒的に武器なので、自分たちの「普通」を会社の人たちに話してみてください。それが会社を育て、自分の成長にも繋がると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました